墓守継承に拘らない「墓たたみ」、家制度の見直し進む

「生家の墓清算したい~無縁仏にすることは許されるか~」というタイトルの新聞記事が高度成長期に掲載されたことがあります。核家族化が進み、法律上も長男が代々家を相続していく仕組みが廃止された頃です。

しかし墓に関しては、慣習に従って承継するとした規定が民法に残っており、墓は長男が守り、女性は嫁ぎ先の墓に入るものという考え方はいまだ強く残っています。

相続問題を扱う弁護士には「義父母と同じ墓に入りたくない」という相談が多く寄せられているそうですが、弁護士の見解はこうです。

「あなたが墓の所有権を取得したからといって、その墓に入る必要はない。父母や先祖の供養をどうするかはあなたの気持ち次第。自由に選択する権利がある。」

実際、東京の霊園会社では「樹木葬」「夫婦墓」「個人墓」などを選ぶ人が増え、志向の多様化を感じると担当者はコメントしているのです。墓の「脱家族化」は今後ますます進んでいくでしょう。墓に縛られて土地に縛られ人生を縛られていては、多様化する社会で生き抜くことが難しくなっている現実のあらわれかも知れません。”

埼玉越谷の弁護士による労働トラブル相談なら

越谷の弁護士事務所では労働問題にも力を入れています。実際にあった相談事例として、未払残業代と遅延損害金を巡って元会社員が元会社に対して民事訴訟を起こした相談例があります。

結局は元会社員の請求のうち一部は、明確な理由がないとして支払いを拒否することができ、また、当該社員が勤務時に会社に損害を与える行為をしていた事実も立証できたため、請求額を大幅に減額することで和解できました。

ところが問題になっていた未払残業代は2年間にも遡るものだったのです。元社員からの請求額は遅延損害金含めて1000万円以上だったのです。

このように問題が深刻化しないように、会社側は社員の勤務時間を専門家関与のもと厳重管理することが大切です。弁護士がいくら優秀でも、未払が続くほど使用者(会社)側の責任が大きくなる傾向は避けられない事実なのですから。

労働問題は雇用関係にヒビが入る恐れがあることから誰にも相談できない人が多いようです。弁護士など第三者の専門家を立てて客観的に事実関係を整理してもらって早期に和解を目指すことが大切です。

http://www.ecclesia.jp/

慰謝料問題を交通事故専門の弁護士に相談すべき理由とは?

交通事故に遭って加害者側の保険会社から慰謝料を提示されたけれど、妥当な金額かどうかわからない。通院治療は終えたけれど、まだ首や肩にしこりが残っていて頭痛も完全には治っていない。後遺症の可能性を考えると示談書にサインしていいのかどうかわからない。

そんな場合、交通事故の中でも特に人身事故を扱った経験が豊富な交通事故弁護士に「すぐに」相談することが大切です。その理由はカンタンです。

1.放置すると保険会社のペースで示談がまとまってしまいかねない
2.交通事故に精通した交通事故弁護士でなければ受任してもらえない可能性がある

意外と軽視されがちなのが「2」です。専門外の弁護士に相談するのは、英語の先生に数学を教わろうとするのも同然です。最初から勝ち目がないと思えば受任していただけないこともあります。ですから、被害者の痛みがわかる交通事故専門の弁護士に相談するべきなのです。

気になる弁護士費用についても、弁護士費用特約があれば300万円まで補償されますので被害者は負担なしで弁護士をお使いいただける場合がほとんどです。

交通事故弁護士弁護士相談Cafeで情報が得られます。

痴漢冤罪対策方法

痴漢に間違われたらどう対処すべきか、これは非常に厄介な問題である。

当然、被害に遭った方は気の毒だが、頭が混乱してしまい、間違った相手を勘違いすることもあるだろう。

だから、お互いが混乱に陥る不幸な状態であることは間違いない。重要なことは、誤解をとくことだが、誤解が発生しない工夫が重要である。

だから、万歳で電車になるというのもおすすめできない。なるべく、満員電車の中では女性には近づかない。これが、痴漢冤罪から守る最大の防御である。

それでも、痴漢だと勘違いをされた場合は、駅員室だけは絶対にいってはならない。女性の訴えは100%そのまま受け入れられ、加害者と思われた男性は、単なる言い訳にしか映らないのである。

痴漢冤罪に関する情報はこちらでまとめている。弁護士情報も多数のっているので、参考にしてみるといいでしょう。

http://www.affiliatelynx.com/