慰謝料問題を交通事故専門の弁護士に相談すべき理由とは?

交通事故に遭って加害者側の保険会社から慰謝料を提示されたけれど、妥当な金額かどうかわからない。通院治療は終えたけれど、まだ首や肩にしこりが残っていて頭痛も完全には治っていない。後遺症の可能性を考えると示談書にサインしていいのかどうかわからない。

そんな場合、交通事故の中でも特に人身事故を扱った経験が豊富な交通事故弁護士に「すぐに」相談することが大切です。その理由はカンタンです。

1.放置すると保険会社のペースで示談がまとまってしまいかねない
2.交通事故に精通した交通事故弁護士でなければ受任してもらえない可能性がある

意外と軽視されがちなのが「2」です。専門外の弁護士に相談するのは、英語の先生に数学を教わろうとするのも同然です。最初から勝ち目がないと思えば受任していただけないこともあります。ですから、被害者の痛みがわかる交通事故専門の弁護士に相談するべきなのです。

気になる弁護士費用についても、弁護士費用特約があれば300万円まで補償されますので被害者は負担なしで弁護士をお使いいただける場合がほとんどです。

交通事故弁護士弁護士相談Cafeで情報が得られます。

痴漢冤罪対策方法

痴漢に間違われたらどう対処すべきか、これは非常に厄介な問題である。

当然、被害に遭った方は気の毒だが、頭が混乱してしまい、間違った相手を勘違いすることもあるだろう。

だから、お互いが混乱に陥る不幸な状態であることは間違いない。重要なことは、誤解をとくことだが、誤解が発生しない工夫が重要である。

だから、万歳で電車になるというのもおすすめできない。なるべく、満員電車の中では女性には近づかない。これが、痴漢冤罪から守る最大の防御である。

それでも、痴漢だと勘違いをされた場合は、駅員室だけは絶対にいってはならない。女性の訴えは100%そのまま受け入れられ、加害者と思われた男性は、単なる言い訳にしか映らないのである。

痴漢冤罪に関する情報はこちらでまとめている。弁護士情報も多数のっているので、参考にしてみるといいでしょう。

http://www.affiliatelynx.com/